広島の不動産売却ならお任せください!

不動産売却とは?

  • HOME »
  • 不動産売却とは?

不動産売却とは?

不動産売却とは、自身が所有している一戸建ての住宅や土地・マンション・一棟アパートなどを、不動産会社に依頼して他者に売却することを言います。

仲介売却と買取売却とは?

「仲介売却」「買取売却」には、それぞれメリット・デメリットがあります。

仲介売却

baikyaku_info_chukai

仲介売却は、不動産会社を通して一般のユーザーに売却する方法です。

買取売却

baikyaku_info_kaitori

買取売却は、不動産会社や不動産関連会社が買い取る方法です。

不動産買取売却不動産仲介売却はどっちがお得??

不動産買取での売却

不動産仲介での売却

売却期間

素早く確実!短期間で不動産を現金化できるため、売却までの計画を立てやすい。

売却までに時間がかかる(長期化)場合があり、不動産売却までの計画を立てにくい。

売却価格

仲介での売却価格より下がる可能性がある。

希望額で売却が成立する可能性がある。

仲介手数料

不動産仲介手数料が0円である。

仲介手数料が販売価格の3%+6万円

リフォーム代

購入者が内観にこだわらないので、リフォームやリノベーションを行う必要がない

物件を素早く売却するには、内装・外装のリフォームもしくは、リノベーションして付加価値をつけないと売れ残る可能性が非常に高い。売却前にリフォームやリノベーションをする必要があるので、その代金分の値引き交渉がある。

ご近所

直接不動産会社とやり取りするので、ご近所に知られず売却できる。

物件の情報が、売却を依頼した会社以外の他業者にもポータルサイトや不動産関係のサイトに掲載されるので、ご近所に売出していることが知られる

不用品撤去費用

現状のまま(荷物を残したまま)売却できる。不用品回収費不要

物件の引渡し前に、全ての不用品や粗大ごみを撤去する必要がある。もちろんリノベーションやリフォームを行う場合は、早期撤去が必要になる

住み替え

買主を探して売却する期間が不要。直接不動産会社が買い取るので、即住み替えが行える

内装がリフォーム前だと売却時期が遅れる可能性があり、リフォームやリノベーションを行う場合、打合せや工事の期間が約1か月は必要。

さらに、リフォームを行っても、すぐに売却できるとは限らず、売却物件によっては半年以上売れ残る可能性もあります。

仲介売却は「時間をかけても高く売りたい方」にオススメ!

仲介売却とは、不動産業者が買主を募集して条件面などをすり合わせていく一般的な不動産取引の形態です。


 

具体的には、次のような流れで進めます。

業者に相談

物件の査定を受ける

売却活動スタート

居住中の物件に購入希望者が内覧に訪れることもあります。

少しでも高く売るためには、より多くの不動産会社と取引のある会社を選択することが重要となります。

買主が決まれば、条件をすり合わせた上で売買契約を締結。決算後に物件を引き渡すことになります。

仲介売却では、売値を自分で決定できるので、住宅ローンの残債に合わせて売却額を決めることも可能です。

ただし、あまり高額に設定すると、買主がなかなか見つからないので注意が必要です。

売却前の媒介契約について

 

不動産会社に不動産の売却依頼を行う場合、「媒介契約」を行うことが法律で義務付けられています。
媒介契約には3種類あります。

それぞれの特徴については下記をご覧ください。

専属専任媒介契約

「専属専任媒介契約」とは、売却の仲介を1社の不動産会社にのみ依頼する契約で、他の不動産会社に重ねて仲介を依頼することは契約で禁じられています。

また、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)についても、依頼した不動産会社を通して取引することが、契約で義務づけられています。


このように、専属専任媒介契約は、売却活動の全般を1社に任せる契約です。

ただし、専属専任媒介契約は依頼者に対して拘束力の強い契約ですので、専属専任媒介契約で仲介依頼を受けた不動産会社の仲介業務については、いくつかの法規制があります。

専任媒介契約

「専任媒介契約」とは、専属専任媒介契約とほぼ同様の契約ですが、自分で見つけてきた買主(親戚や知人と直接交渉した場合など)とは、売却を行う不動産会社を通すことなく売買の契約をすることができます。

一般媒介契約

「一般媒介契約」とは、複数の不動産会社に同時に不動産売却の仲介を依頼することができる契約で、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)とも、不動産会社を通すことなく売買契約を交わすことができます。

 

ただし、最終的には、どの不動産会社と取引を進めるのか決める必要があります。一般的には、有力な購入希望者を紹介した不動産会社と取引を進めるケースが多いようです。

仲介売却のメリット

購入希望者に適正な価格で販売できる 

時間がかかっても高値で販売できる可能性がある 

売主側で金額の設定ができる 

仲介売却のメリットの一つは、「購入したいというお客様に適正な価格で販売できる」という点です。これにより、買取売却と比べて時間はかかりますが、高値で販売できる可能性があります

また、「売主側で金額を設定できる」という点もメリットではないでしょうか。

 

当社では、広島県の多くの不動産会社と提携しております。

自社の利益のみを考え、情報を自社だけで隠す会社もありますが、当社ではそのような行為はいたしません。

 

仲介売却の際でも、3ヶ月という基準期間の元、営業活動を行っております。
お気軽に無料査定のお問合せをいただけると幸いです。

contact_txt2
PAGETOP
Copyright © 広島不動産売却査定ネット All Rights Reserved.